クルマに乗っている以上、事故はつきものであり、決して他人事ではありません。自分の身にいつ降りかかってくるかもわからない事故を予知することはエスパーでもないかぎり不可能です。しかし、そのあとの対処を最小限にとどめることは事前の準備によっていくらか可能になります。たとえばぶつけられた上にそのクルマがそのまま当て逃げをしていった、また先にぶつかってきたのは向こうなのに、こっちが悪いと言い張るドライバーなど、トラブルが長引くことがあります。そうしたことをなるべく回避できるように開発されたのが「ドライブレコーダー」です。ドライブにあると便利なグッズのひとつとして知られているのはこのためで、このドライブレコーダーの画像が事故のときに証拠を残してくれることになります。それによって犯人逮捕の決め手になったことがありますし、意見の食い違いを終わらせてくれる証拠になったこともあります。それにこうして今のクルマにドライブレコーダーが搭載されることが多くなったことで、個人が安全運転につとめることをこころがける意識の高さを持つようになったと言う傾向もあります。なので、ドライブのときに取り付けておいて損は無いものなのです。

FX